行政書士法人MOYORIC

行政書士法人MOYORIC(モヨリック)~最寄りの頼れる専門家~。東京・神戸オフィスを拠点に許認可、行政手続きをサポート。創業15年の信頼と実績。認定経営革新等支援機関(近畿財務局長及び近畿経済産業局長認定)。

Month: 2020年11月

有限会社から株式会社への組織変更手続きについてわかりやすく解説。7つのポイントを押さえてスムーズな手続きを

有限会社から株式会社への変更手続きの概要 平成18年5月から有限会社の制度が廃止されたため、現在は有限会社を設立することができなくなっています。 それ以前から存在する有限会社は『特例有限会社』として存続していますが、法律 […]

特例有限会社って何?株式会社との違い、有限会社のままでいるメリットとは

特例有限会社とは? 2006年5月1日に会社法施行に伴い、有限会社法は廃止され、現在は新たに有限会社を設立することはできなくなりました。 これに伴い、施行以前に設立していた有限会社は、商号中に『有限会社』の文字を用いなが […]
損益計算書

銀行は融資審査で損益計算書のどこを見ているのか?認定支援機関が解説

損益計算書とは? 損益計算書も貸借対照表と同じく決算書の一つです。 関連 銀行は融資審査で貸借対照表(バランスシート)のどこを見ているのか?認定支援機関が解説 損益計算書は、会社の一定期間の「収益」及び「費用」がどのくら […]

銀行は融資審査で貸借対照表(バランスシート)のどこを見ているのか?認定支援機関が解説

貸借対照表(バランスシート)とは? 貸借対照表は、会社の財務状態を表した決算書です。 貸借対照表は、「資産」「負債」「純資産」から構成されています。 簡単に言いますと、 「資産」は、現金・預金、売掛金、土地・建物・車など […]
在庫

過剰在庫が銀行融資に与える影響とその問題点とは?認定支援機関がわかりやすく解説

商品や製品などの在庫を多めに持っておくことには、様々なメリットがある反面、問題点もあります。 在庫の維持・管理コストの発生、商品価値の低下、キャッシュフローの減少などです。 具体的に見ていきましょう。 過剰在庫の問題点 […]

株式会社の解散・清算手続きの流れ、注意点、必要書類などをわかりやすく解説

株式会社の解散事由 株式会社は、次に掲げる事由によって解散します。 株主総会の特別決議 定款で定めた存続期間の満了 定款で定めた解散の事由の発生 合併により当該株式会社が消滅する場合 破産手続開始の決定 解散を命ずる裁判 […]

創業融資は同業種の業務経験がなくても融資は可能?転職が多い場合は不利?

業務経験は創業融資の審査においては重要ポイントになる 日本政策金融公庫の創業融資の審査のポイントは4つです。 業務経験 自己資金 事業計画 面談 今回は①の「業務経験」について解説します。 創業融資は、開業後の融資とは異 […]

日本政策金融公庫の審査に落ちる理由を認定支援機関が解説

日本政策金融公庫の融資審査に落ちる理由は千差満別ですが、下記の事由に該当するケースが大半を占めます。 さっそく見ていきましょう。 自己資金が足りない 無担保・無保証の新創業融資の場合、自己資金要件が定められています。 総 […]

創業融資における物件(事務所やテナント等)契約のタイミングとは?認定支援機関がわかりやすく解説

融資申請までには物件を決めておく必要があります。契約までしておく必要はありません。 なぜ、物件を決めておかなければならないか。 その物件の賃料・立地等が決まらない限りは、開業時に必要な総事業費すら求めることができないから […]

創業融資を受けるメリットって?自己資金だけで開業するよりも成功する確率は高い

はじめに 「借金するのが怖い」 「どうせ融資なんて下りっこないでしょ?」 「もし下りるとしても、手続きが面倒…」 創業融資の申込みを行えば、高い確率で融資が受けられる状況であるにも関わらず、上記のような理由で創業融資を受 […]